観光案内|相馬松川浦 亀屋旅館

sub-menu_02.jpgP1010158.JPG
sub-menu_04.jpgmain-menu_06.jpgmain-menu_07.jpgmain-menu_08.jpgmain-menu_09.jpgmain-menu_10.jpgmain-menu_11.jpgmain-menu_12.jpgmain-menu_13.jpgmain-menu_14.jpgmain-menu_15.jpgmain-menu_16.jpg



title-kankou.jpg


kankou-hashi.jpg


亀屋旅館を中心として、オススメの観光プランを御紹介。

松川浦潮干狩り場前に位置する当館は、松川浦周辺の観光スポットはもちろん
1時間圏内で仙台のショッピングモール等へのアクセスもばっりちり。

ご宿泊の際のご参考になれば幸いでございます。



kankou-toho001.jpg


プランA: 鵜ノ尾崎周辺

aruki001.jpg「福島ふるさとの遊歩道50選」に選ばれた水茎山遊歩道周辺は、松川浦の代表的なスポット。
阿武隈山地に沈み行く太陽と、太平洋の上空で輝く月。松川浦ならではの壮大な光景が望めます。
岬の南西にある駐車場には「ふるさと相馬」の歌碑があり、前に立つとメロディーが…。
新名所として有名な松川浦大橋は夕暮れ時ライトアップされ昼間とは別の姿を楽しめます。

プランB: 大洲公園周辺

aruki002.jpg大洲公園周辺は自然の家が整備したオリエンテーリングのコースの他にいくつかの遊歩道が設けられていて、植物観察やバードウォッチングはいかがですか?
大洲海岸には植林されたクロマツとアカマツが広がり「大洲生活環境保全林(大洲公園)遊歩道」と名付けられていて、格好のハイキングコースとなっています。
また、鵜ノ尾崎灯台まで伸びる防波堤沿いは絶好のサイクリングコースでも有名。相馬海浜自然の家でのキャンプやスポーツを楽しむのもお勧めです。



松川浦ガイドブック

book.jpg
その他の遊び場、詳細は「まるごと松川浦」のガイドブックがおすすめです。
ウォーキングの案内はもちろん。松川浦の遊び場、お食事処、お土産情報などが満載です!


発行:松川浦ガイドブック編集室
松川浦観光案内所内などで販売


kankou-car002.jpg

プランA: 野馬追いと歴史を歩く

相馬野馬追(そうまのまおい)は、旧相馬藩領で、毎年7月23日・24日・25日の3日間開催される神事、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

相馬市歴史民俗資料館 相馬市中村字大手先13
史跡中村城跡や相馬野馬追など相馬の歴史を紹介しています。



たちばな甲冑工房 福島県相馬市中村字北町22
全国でも数少ない甲冑師の一人、橘氏の工房。現在は3代目の斌(さとし)氏が甲冑の制作・修繕を行っており、昔からの伝統的手法を今に受け継いでいる。すべてが手作業なため、完成には3~5年かかるそうだ。展示室には今までに集められた貴重な鎧の数々が展示されている。入場は無料だが、予約が必要です。


中村城跡のフジ  福島県相馬市中村字北町101
推定樹齢約500年。このフジは、中村城本丸跡にあり、第19代相馬忠胤が植えたと伝えられています。



相馬駒焼 田代窯  福島県相馬市田町38
相馬駒焼は関東、東北で一番古い窯で、相馬藩六万石の藩窯で、藩主の茶道具、什器類や、将軍家、他大名への贈答品などをつくっていました。








プランB: 釣り満喫プラン


相馬港から松川浦周辺は、絶好の釣りスポットがたくさん!初心者から上級者までいろんな釣りが楽しめます。





kankou-car001.jpg

プランA: ショッピング満喫コース

潮風を浴びながら海岸線をドライブ。ちょっと足を延ばせば素敵なショッピングが楽しめます。

プランB: 子どもと楽しむレジャー満喫コース


プランC: スポーツ満喫プラン

楽天/ベガルタ 観戦ツアー